厚生年金保険(第1号)平均月額

9万円という、男の平均よりもはるかに少ない年金で、

どう暮らしていくかが、思案のしどころ。

以下は、「令和2年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」

【男性】厚生年金保険(第1号)平均月額:16万4742円

  • ~5万円未満:13万857人
  • 5~10万円未満:99万1194人
  • 10~15万円未満:262万1055人
  • 15~20万円未満:444万7680人
  • 20~25万円未満:223万4397人
  • 25~30万円未満:27万4715人
  • 30万円以上:1万6346人
  • 合計:1071万6244人

うーん、 これは、男、だけに絞ったデータ。

僕は、下から2番目のゾーンに入るわけ。

最大ボリュームゾーンは、15~20万円未満です。

他人と比較しても仕方がないので、

僕は、その9万円で、

どれだけ充実した生活をするかを、

考えればいいだけの話。

なるべくお金を使わずに、

充実した生活を送るには、

図書館をはじめとした公共施設を、

可能な限り活用すること。

本はただで借りられますし、

公園なども、

施設を利用すれば有料になることもありますが、

敷地内を歩く分には無料。

また、野山を歩くのも無料ですから、

お金を使わずに、

知力と体力を維持しながら、

外食や旅行などには

惜しみなくお金を使う、と。

つまり、メリハリのあるお金の使い方をして、

老後生活を楽しんでいこうと、

考えています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする