財布の中身と預貯金額の安心感は人それぞれ

以前テレビで、蛭子能収さんが「財布の中に三十万円くらいはないと不安だ」と言っていました。ずいぶん高額な金額だったことに、僕のほうがびっくりしましたが、安心する金額というのは、人それぞれなのでしょう。

僕は長らく、財布の中に入れておくのは三千円と決めていました。理由は、使う機会があまりなかったからです。

一人暮らしのやりくり術

父の介護が必要になり、実家に戻るまでは、マンションで一人暮らしをしていました。そのときに、いろいろとやりくりを試行錯誤していました。少しでもお金を貯めて、住宅ローンの繰り上げ返済をしたかったのです。

仕事は、作業服を着ての仕事だったため、スーツを着る必要がなく、また、外でランチ代が必要になることもありませんでした。

自分で作った弁当を持って会社に行けば、作業服に着替えて働けばよかったのです。つまり、お金を使う機会がないのですね。缶ジュースすら滅多に買いませんでした。会社の控室にはお茶がありましたし、水筒も持参していましたから、飲み物代はかかりません。

財布に入れた三千円が、いつまでもそのままということもありました。

安心する預貯金の額も人それぞれ

財布と同様に、安心する預貯金の額というのも、人それぞれなのだと思います。

月10万円ほどでやりくりするスキルがあれば、預貯金はそれほど多くなくても不安にはならないでしょう。一方、自炊もできず、外食に頼った生活であれば、お金は出ていく一方でしょう。

会社を介護離職して、家にいることの多い今のほうが、僕の財布には、会社員時代よりも多くのお金が入っています。多いと言っても、一万数千円ですが、三千円よりは多いです。

その一万数千円も、あまり減ることはありません。外で会計するときも、たいていはカード払いだからです。カードがあれば、現金を使う機会は減っていきます。電子マネーも普及しつつある現状を考えると、今後ますます、現金依存は少なくなっていくのでしょうね。

スポンサードリンク

いくら預貯金があれば安心できるのかは、個人個人の価値観に依存します。ミニマリストで、簡素な生活のできる人であれば、必ずしも多額の預貯金は必要ありません。僕は、あまり消費しないタイプなので、個人的には、1000万円、できれば、1500万円の預貯金あれば、老後生活は十分ではないかと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。