冬のボーナス支給額の平均95万円超を狙いに来ている広告群

今年の冬のボーナス支給額の平均は95万円超で過去最高額とのことですが、そのボーナスを狙いに来ているのか、新聞広告がやたらと購買意欲を煽っています。

たとえば、今朝の広告であれば、ジャパネットたかたのマッサージチェアや、ショップチャンネルのダイソンのクリーナーやファンヒーターなどなど。

確かにこの時期は財布の紐も緩むかも

ドンとお金が入れば、財布の紐がゆるむのは人の常。しかし、ここでいう人とは、平凡な人、という意味。

しっかりした人は、そんな広告に踊らされません。ひたすら、我が道を行く、のみ。

て言うか、誰がそんなにもらってんだよ

僕の周りには、95万円などという高額のボーナスをもらっている人は見かけません。報道されるボーナス平均額は、経団連発表のもので、一部上場企業に給与額についての質問を出し、回答のあった会社のボーナス平均額を算出・発表しているにすぎません。

つまり、大半の中小企業の社員には、関係のない話。

でも、こういった報道があると、自分と比べて落ち込む人もいるかもしれませんね。

僕自身も、現役時代は、そうした比較をして自ら苦しみを作ったものです。

他人と比べず、我が道を行く

親の介護離職で会社を辞め、いろいろあって、今はアルバイト暮らしですが、アルバイトなどはもとよりボーナスなどとは無縁ですから、比較のしようもありません。

子育て世代でもないし、親の介護もやり終えたし、あとは自分一人の口を養えばいいだけなので、鴨長明の気分です。

あるいは、良寛さんとか。

まあ、そこまで達観はしていませんし、悟りも開いてはいませんが、消費しない僕などは、ただ傍観するのみです。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする