苦手なことに時間を使うのは人生においてはもったいない

成功している人を見ると、苦手なことは人に任せて、得意なことに特化しています。

確かにそのほうが効率がいいし、人生がサクサク進みます。

そもそもこれだけ変化の激しい時代に、苦手なことに時間を使うこと自体が無駄。

勝てるジャンルに絞って動くべきです。

得意なことのほうが、早く結果が出るのは自明の理。

一方、苦手なことをストレスを感じながらやっていたのでは、時間ばかりが無駄に過ぎていきます。

ただ、そうは言っても、会社員であれば、業務を選べないことがほとんど。

そこで、知恵が必要になります。

最初は不本意な部署であったとしても、やっているうちに面白みを感じるようになることもありますしね。

だから、何が自分を導くかは、人それぞれ。

ただ、原則論を言えば、苦手なものは切り捨てる。

そして、得意なことに、注力する。

得意なことにこそ、時間と労力を割く。

与沢翼の生き方などは、まさにその典型でしょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする