きつい日雇い勤務は一日働くだけで三日が潰れる理由

僕は、今のアルバイトをする前に、一日だけ、運輸倉庫で働いたことがあるのですが、正確に言えば、一日ではなく、4時間。

で、30分居残りで作業してくれと言われ、さらに正確に言えば、4時間半働いたのですが、その一日で、辞めました。

理由は、きつすぎるから。

腰もやられそうになり、完全に、フィジカル的に無理だということがわかったので、即決で退社。

で、きつい日雇い勤務は、実は、その一日で、場合によっては、三日間が潰れることがあります。

前日・・・ほぼ丸一日憂鬱な気分に支配される。
当日・・・きつい作業で青息吐息。
翌日・・・筋肉痛でほとんど活動できず。

つまり、一日の労働で、三日間が灰色になるのですよ。

これって、コスパ悪くね、ということなのですよ。

正社員の仕事から逃げ出せば、日曜日の夜のサザエさん症候群からは抜け出せますが、その後の生活を考えると、アルバイトで食いつなぐにしても、きつい日雇いはやばいよね、ということですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする