収入アップが望めないなら、長く働くことでカバー

たくさん稼いでお金を早く貯められる人であれば、老後の心配はあまりないかもしれません。

しかし収入が少なく、また、収入アップも望めない環境であれば、長く働くことでカバーするしか、方法はないのかもしれません。

そんなことを考えたのも、今日、アルバイトから帰ってきて、いつになく疲れてしまい、昼ご飯を食べたあと少し寝たのですが、その後も、あまり動く気になれなかったからです。

つまりですね、僕の場合、これ以上働く体力はなく、そのため、今以上の収入アップは見込めません。

であれば、今くらいの収入でいいので、長く働くしかないのかな、と、思ったわけです。

適度な負荷の仕事であれば、むしろ良い気分転換にもなるし、続けることも可能です。

今は、一日5時間の勤務。

これに、往復の通勤に要する時間をおよそ1時間として、6時間。

このくらいの時間を、労働に割くのであれば、続けることは可能です。

しかし同時に、貯金もできない、というジレンマもありますが、今の希望は、少しずつでも、住宅ローンが減って行っていること。

それを励みに、無理せず働くことを心がけています。

しかし昨日は、深夜から朝方にかけての台風の通過で、何度も起こされ、睡眠不足が、疲労を濃くしたのかもしれません。

睡眠不足での8時間勤務なら、もっと疲れていたと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする