鼻くそがたまりやすい仕事環境とその対策

アルバイト先では、廃棄物の仕分け作業があるため、どうしても、鼻くそがたまりやすくなります。

空気が汚いところに長時間いると、鼻くそがたまりやすいためですね。

鼻くその大元は、大気中のごみやほこり、ハウスダストや微生物

これらの汚れが体内へ侵入しないように守ってくれるのが、鼻毛や粘液。

体内への侵入を阻止された汚れは、その粘液と混ざり合って鼻水に変化します。

まさに、その鼻水が乾燥したものこそが、鼻くその正体

指で鼻をほじるというのは論外、だと聞いたので、その対策を調べてみました。

実は、僕は、両手の小指の爪だけは若干長くしていたのですよ。

その理由は、鼻くそを掘るため。

でも、このところの感染症を契機に、考えを改めました。

で、調べたところ、お風呂あがりの粘膜がうるおっているときに、スッと鼻をかんで汚れを出してしまう方法というのが、良いようです。

なるほど、これならば、安全ですね。

今まで、鼻くそをほじりまくっていましたが、これまで病気にならなかったのは、単に運が良かっただけ。

これからは、鼻くそなどほじくらずに、お風呂場で鼻をかむことにします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする