社員証を無くしかけたけど

昨日のことですが、アルバイト先で、社員証がないことに気づきました。

出勤した直後には、ちゃんとあることを確認していましたから、昨日のいずれかのタイミングで失くしたわけです。

で、どのタイミングだろうと思いを巡らせながらも、なぜか、心は平安でした。

通常の僕であれば、まず、慌てて探し回るところですが、そのときの僕は、なぜか冷静であり、心が落ち着いていました。

そして、失くす可能性のある場所を、ゆっくりと見て回ったのです。

かなり広い場所なので、そう簡単に見つかるわけはないか、と思い、一度は、探すのをやめたのですよ。

で、失くしてしまったものは仕方がないので、とりあえず、会社の担当に連絡だけは入れておこう、とまで、思ったのですね。

しかしその後で、たぶんあそこで失くしたに違いない、と思う場所が頭に浮かび、行ってみたのです。

しかし、そこには、ありませんでした。

8割ほどの確率で、そこにあるものだと思っていたのですが、当てが外れたわけです。

それにもかかわらず、不思議と心は平静であり、不安がありませんでした。

何か、見つかるような、気がしていたのですね。

そして、穏やかな気持ちで歩いていき、その後ほどなくして、見つかりました。

なんでそんなところに、と、思う場所でした。

なんかの拍子で、落としたのでしょうねえ。

見つけた時は、やっぱり見つかったというか、心の平安の確信の理由がわかったような気がしました。

勿論、その後は、今後は失くさないように、しっかりと装着する手段を二重にしました。

失くしたのに、きっと見つかると思えた理由が、深いところにあるような感覚があります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする