「完成された奴隷」への道

労働問題について考えるとき、その推移についても理解しておく必要があります。

日本はかつて、封建制でしたが、いかに大人しい従順な農民でも、抑圧しすぎると一揆を起こします。

なので、生かさず殺さず、というやり方で飼いならしたわけです。

別にこれは、日本だけではなく、諸外国も同じ。

初期資本主義は「生きるために働け」。

中期資本主義は「消費するために働け」。

後期資本主義(新自由主義)は「生きがいのために働け」 。

特に、今の、生きがい搾取は、ひどいものです。

アニメの制作現場とか、声優などの世界に、顕著ですが、

先日見た番組で、

声優を目指す女性がオーディションに受かって喜んでいましたが、

その仕事は、何と無給。

つまり、タダ働き。

いくら何でもと思いましたが、

夢のある声優の卵にとっては、

無給でも、そこは夢の階段の一つなのでしょうか。

生きがいのために働け、との洗脳は、

もはや物のあふれた現代においては、

必携のアイテムなのかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする