会社員は気苦労が絶えない

組織の中で生きるつらさ、と言えばそれまでですが、会社員というのは、出世したらしたで、また、平は平なりに、気苦労が絶えません。

それは、組織で生きる人間の宿命なのかもしれません。

昇給して苦しみが増えた女性の記事を読み、僕も、会社員時代を思い出しました。

「4月に昇進して課長になってしまいまして……」──こうため息をつくのは某有名企業の営業職の女性・Aさん(30代後半)だ。日本は「ジェンダーギャップ指数2021」で調査対象の156か国中120位で、主要7か国(G7)では最下位に。世界的にも女性の社会進出が進んでいないことが問題視されているが、Aさんの意見を聞くと、なぜジェンダーギャップが低いのか、その理由の一端も垣間見える。

「課長になってしまいまして……」という言葉に表れるように、Aさんは、本音では昇進したくなかったのだという。「自分の仕事ぶりや能力が評価されることはありがたい」とは思うものの、Aさんはむしろ自由に現場仕事を続けていきたいと考えている。そこには男性・女性関係なく「私はこのように働きたい」という意思がある。

 これまでAさんの肩書は係長だったが、今後は課長の立場で、グループリーダーとしての責任を負うことになる。

「立場が上に上がっていくほど責任も増えて大変になります。当たり前のことですが、上にいけばラクできるのではなく、やること、求められることが多くなるんですよ。係長時代は一担当として自分の仕事だけをしていたのですが、その方が気分的にラクでした。元々私はそんなに出世欲もなかったので、今回の昇進は正直、気が重いです。自分の仕事をしながら、会社全体のことも考えて色々と提案しなくてはいけません。3人の部下は係長時代から引き継ぎましたが、肩書だけは『課長』になり、責任が増えました」(Aさん・以下同)

 Aさんが課長になったことで、周囲の見る目も変わったと語る。自分よりも年上の男性社員の中にも課長になっていない人がいて、気まずさを覚えることもある。さらに、課長になったことで、ベースの給料は上がったものの、管理職ということで残業代はつかなくなる。Aさんは元々そこまで残業をしていなかったため大きな影響はないが、周囲には課長になったことで、給料が下がる人もいるという。その他にも気になることは多いようだ。

うーん、昇給したから幸せかというと、そんなこともありません。

ここが、人間の集まりである組織の、難しいところ。

なので、組織に依存しない生活こそが快適だと、僕は思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする