疲労が蓄積すると健康な人でも鬱になる

少し前のことですが、かなり歩いた日がありました。

その日は、一日歩き回ってくたくたで、夜10時前にベッドに。

そして9時間半も寝てしまい、起きてからも、まだ寝たりなくて眠りました。

午後も、さらに昼寝をして、疲れが取れた感じです。

そこでつくづく思ったのは、今はリタイア生活のため、疲れたら好きなだけ眠ることができるありがたさ。

そして、十分寝て疲労が回復すれば、また、いろいろとやる気も出てきます。

しかし、サラリーマン時代は、そうはいきませんでした。

疲れがたまっても回復しきらないうちにまた仕事に行く、ということを繰り返していました。

だから慢性的に疲労し、慢性的に睡眠不足でした。

それが続くと、鬱になります。

これは、生物学的生理学的真実です。

多くのサラリーマンが、寝不足でしょう。

また慢性疲労とストレスで、病人一歩手前だと思います。

疲労が蓄積すると、健康な人でも鬱になります。

今後は、サラリーマンに戻ることはないので、いくら疲れても平気です。

好きなだけ眠ればやがて回復しますからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする