会社に縛られない働き方を志向する人たち

プロレスラーの大仁田厚も、ファイヤーとか、言っていませんでしたっけ。

で、それはさておき、FIRE(financial independence retire early)の流れは、

僕は、止められないと思っています。

まあ、止める必要もありません。

時代精神、というものがあります。

幕末に、あれだけの英雄豪傑が輩出したのも、時代精神ゆえのこと。

で、これからのことを言うとすると、

AIは、二進法をベースとする量の計算には優れていますが、

人間に、とってかわることはできません。

現実世界、いや、厳密に言うと、

現実に思えることもまた実在ではないので、

現象世界と言い直しますが、

この現象世界の微妙に変化する本質そのものを、

AIは、とらえることはできません。

AIには、心はなく、情熱も、ないから、です。

さて、今現在、早期リタイアを志向する人が増えています。

今回のコロナ騒動での、リモートワークでも、多くの人々に気づきを与えました。

こうした環境の変化がなければ、大半の人は、変わろうとしません。

何だよ、別に都会に住む必要ねえじゃん、と思う人が爆発的に増えつつあります。

リモートワークだと、狭すぎる空間は息苦しくもなるし、

隣で赤ちゃんが泣いている状態では、仕事に身が入りません。

そこで、都心を離れ、トカイナカ、に、移動する人が増えているというのを、テレビでやっていました。

会社に縛られない働き方を志向する人たち、

さらには、会社そのものからおさらばして、

アーリーリタイアをもくろむ人たちが増え続けています。

これはもう、未来社会の先取りなのですよ。

これは、時代精神、そのものです。

AIができる労働はAIに任せる世の中に変わっていきます。

そして人間には、膨大な余暇が、与えられます。

ベーシックインカムが、国民の権利として認められるようになるでしょうね。

で、もっとお金が欲しい人は働いてもいいし、

別にベーシックインカムだけで暮らせる人は、それで充足すればいい、と。

誰もが、やりたいことをやれるだけやる時代。

一足飛びにそこに行きつくわけではありませんが、

紆余曲折を経て、そうなっていくと思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする