高年収のサラリーマンの人たちに、感謝しなければいけない

何気に微妙に少しずつ、社会保障の個人負担が上がっています。

ステルス値上げ、というか、本当に、このままでは、

音を上げそうな庶民。

で、今狙い撃ちにされているのが、

サラリーマンの中でも年収が高い人たち。

 実は僕は、

こうした年収が高いとされるサラリーマン層が、

一番割に合わないと思っている人間の一人。

まあ、これだけ稼げる人は、会社内でも有能で、

それだけ自助努力もしてきたわけですよ。

その努力があっての高年収なのに、

そこから、がっぽり税金を取られて、

意外に貯蓄がなかったり
します。

彼らは押しなべて忙しく、

のんびり図書館で本を読む時間もないわけです。

で、その図書館には、

大して税金を納めていない暇な人がいたりして、

たとえば、僕のような、ね。

つまり、彼らは、

支払いに見合うだけの行政サービスもなく、

税金を取られるばかりの、

ある意味、本当に偉い人たちだと、

僕は思っています。

僕たちは、高年収のサラリーマンの人たちに、

感謝しなければいけないのです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする