「学校→職場」という服従のスペクトラム

スペクトラムとは、意見・現象・症状などが、あいまいな境界をもちながら連続していることですが、

学校では校則に従うこと、つまり、服従を叩きこまれ、

社会に出て、一般的には会社員になるわけですが、

そこでも、社訓、などを暗唱させられたりして、

服従を叩きこまれる、と。

つまり、服従に慣れ切っている人が大量にいるわけで、

そういう人はある意味、

上司が指示したことに対して給料をもらっているのだから、

それは重要なことだと、思い込んでいたりします。

こういう人が、昨今の風潮に触発されて、

早期リタイアしても、またぞろ会社に戻ることになる、と。

三つ子の魂百までではないですが、服従に慣れ切った人が、

自主独立のリタイア生活を送るには、

今一段の成熟が必要になります。

逆に言うと、

早くから学歴社会から離脱し、

カニの横歩きよろしく、社会を斜めに見ていた僕のような人間は、

会社から解放された後の生活こそが真骨頂。

人生は、死ぬまでのリタイア生活、なのですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする