楽しく働く、ゆるく働く

いくつか前の記事で、

ちょっと働くのが快感だよね、

という話をしたのですが、

これには、

もう一つの意味合いがあり、

それは、

自分という最終資本の能力の劣化を、

緩やかなものにしたい、

という思惑。

どういうことかというと、

フルリタイアも快適だけど、

まったく働かない生活だと、

労働適応能力が、

ますます弱くなってしまうから。

潤沢な資金があり、

旅行三昧、趣味三昧で生きられるならば、

別ですが、

経済的に低空飛行のリタイア生活だと、

最後にして最大の砦でもある自己労働力を、

最低限のレベルでは、

維持をしておく必要が、

あるのですよ。

そのような理由で、

楽しく働く、

ゆるく働く、

社会の片隅に、

縋り付いて働く、と、

こうなって、

おります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする