まずは株式投資の仕組みを知っておきましょう

株式とは、会社企業(株式会社)が事業資金を集めるために発行しているものです。各企業は、投資家が株式を買ってくれたお金を使って事業を展開し、発展させます。

つまり、「株式を買う」ということは、株式を発行している企業に「出資」を行い、事業資金を提供していることになります。

株式の購入資金はいくら用意すればよいのか

株式投資を始めるには、必ずしもお金をたくさん持っている必要はありません。では実際のところ、どのくらいの金額があれば、株式投資を始めることができるのでしょうか。

1単元が何株なのかは企業によって異なるところですが、100株もしくは1,000株を1単元としているところが一般的です。この1単元とは、「まとまった株」のことを指します。そしてほとんどの銘柄は、100株を1単元としているという事実を覚えておきましょう。

たとえば一株300円の株であれば、100株を1単元としている場合、300×100なので、計3万円あれば購入できることになります。これに、証券会社に支払う手数料がかかりますが、証券会社によっては「NISA口座限定で無料」のところもあります。

上記の例であれば、証券会社の口座に3万円あれば(手数料が無料の場合)株式を購入することができます。

また、1単元を保有することで、株主総会において議決権を行使できるようになります。このことの意味するところは、「株主総会のお知らせがあなたのところに届くようになる」ということです。

僕も、株式を購入後、忘れた頃に株主総会のお知らせを受け取って、株主であることをしみじみと実感した体験があります。株式の取引を始めた初心者の頃は、そんなことでも嬉しいものです。

株式投資で得られる利益にはどんなものがあるか

株式投資で得られる利益は、三つあります。その三つとは、売却益、配当金、そして株主優待です。

売却益は、キャピタルゲインとも呼ばれます。これは、株式を安く買って高く売ることで得られる利益のことです。

配当金は、インカムゲインとも呼ばれます。これは、企業があげた利益を株主に分配することで得られる利益です。

株主優待は、食事券やクオカード、その他諸々のお金ではない優待のことです。ちなみに売却益や配当金には税金がかかりますが、この株主優待には税金がかかりません。つまり、丸ごとお得な利益であるということができるでしょう。

株式投資でこうむる不利益について

もちろん、株式投資は良いことばかりではありません。売却益や配当金、株主優待などの利益がある一方で、予想に反して株価が下がってしまうリスクもあります。

これなどは、キャピタルゲインの反対でキャピタルロスと呼ばれます。さらには、最悪の場合、株式の発行企業が倒産する可能性もないとは言えません。

このようなリスクがあることは、最低限頭の中に置いておかねばなりません。

スポンサードリンク

それでも楽しい株式投資

僕がおすすめするのは、まずは10万円以下の金額で株式を購入してみることです。僕自身、株式投資初心者の頃、スクロールという銘柄を、1単元である100株恐る恐る購入してみました。このときのスクロール株は、一株300円ほどでした。

つまり、30000円ほどのお金とわずかな手数料で、購入したわけです。その後もずっとスクロール株は所有し続けていますが、毎年配当金と株主優待をいただいています。

もしその同じ30000円を普通預金や定期預金として、ただ銀行に預けておくだけならば、雀の涙ほどの利息しか得られないでしょう。

さらに言えば、株式投資の魅力は単に金銭的なリターンだけではありません。

実際に株式を所有することで、株式市場の動きを通じて経済や社会のしくみが理解できるようになるのです。これなどは、株式投資をするがゆえの大きな副産物と言えるのではないでしょうか。

コメントの入力は終了しました。