退職金を下手な株式投資で溶かしてしまうのは

先日、定年間近の知り合いに、株式投資について訊かれたので、「株は臆病者でなければ成功しないと思いますよ」と答えました。

このように答えたのは、質問してきた相手がいい年をした60間際の男だったからです。せっかくの退職金を、下手な株式投資で溶かしてしまうのはかわいそうだという、僕なりの配慮です。

これが、質問してきた相手が30代とかなら、答えは変わります。種銭をつくりながらしっかり勉強し、良い会社に集中投資しなさい、と答えるでしょう。

僕の基本は、分散投資ですが、それは自分の年齢を考えているからです。そんなに大きく勝とうとは思っていません。ただ、負けない投資は心がけています。その結果が、だいたい年利9から10パーセントほどの利回りです。

株式投資は、宝くじや馬券を買うよりははるかに良い

僕は、株式投資は有益であると思っていますが、誰にでもおすすめできるわけではありません。僕自身、今は多少の利益を出していますが、今後はどうなるかはわかりません。

ただ、これだけははっきりと言えますが、株式投資は、宝くじや馬券を買うよりははるかに良いです。

最悪なのは、年末ジャンボやロト6などの宝くじで、これはお金をどぶに捨てる行為です。幻に大切なお金を投じる人は、絶対に豊かにはなれません。

なぜなら、宝くじは絶望的な確率であり、それゆえに、「愚者の税金」と呼ばれるのでしょう。宝くじを買う人は、お金以上に大切なもの、すなわち、合理的な思考をどぶに捨てています。

合理的思考の有益性

合理的な思考ができない人は、あらゆるところで、騙されます。残念なことですが、この世界には、あまりにも多くの騙しの網が張り巡らされています。

宝くじよりも馬券のほうがいくらかましです。その理由は、競馬を研究すれば、勝ちやすくはなるからです。自助努力が、多少は報われる世界です。

僕自身、万馬券を3回取っていますが、僕なりの勝算があって買った馬券なので、そうした読みができる点は、宝くじよりはましです。ただ、長く続けると、負けがこんでくるのはほぼ間違いないでしょう。

そうしたモノに比べれば、株式投資ははるかに勝ちやすく、利益を生みやすいと言えます。

さらに言えば、間接的に社会参画していることになります。多少の資金であっても、そのお金が企業で使われることで、利益を生み、自分にも還元されますからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする