リーマンショック級の下落が起こったら中長期投資の人はかなり苦しくなるよね

中長期投資の人って、まさに僕のことなんですけどね。

で、その下落時に、思いっきり困るのは、全力投資の人でしょう。

投資ブログは、軒並みお通夜状態に陥るかもしれません。

配当収入でしのぐと言っても、不況で業績ダウンであれば減配ラッシュでしょうし、無配に転落することだってあり得ますからね。

そんな下落があっても、相場というモノは、いずれは回復するものですが、その後の回復期間を維持できるか否か、が、問題です。

とりわけ、運用収益に頼ったリタイア生活で他に収入源がない場合、かなり焦ると思います。

一方、会社員など、投資以外に収入がある人は、その本業でのインカムでしのぐことができるでしょう。

僕は、今はアルバイト生活で、住宅ローンまで抱えている身。

唯一の希望は、あと3年ほどでもらえる予定の、報酬比例部分の年金。

5万円弱の予定ですが、これが僕の今の生活に、救いの手を差し伸べてくれています。

それはそうと、少し、現金比率を高めるべく、売れる銘柄を目視していますが、損失計上しているもののほうが多く、思案のしどころです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする