株式投資の3つのリスクを頭に入れておく

株式投資のリスクは、大別すると「値下がりリスク」「流動性リスク」「倒産リスク」の3つに分けることができます。

これらのリスクをしっかりと頭に入れたうえで、僕は株式投資を行っています。

値下がりリスクについて

「値下がりリスク」というのは、文字通り株価が下がるリスクを言います。株は市場が開いている間はリアルタイムで取引されますから、常に上げ下げを繰り返しています。

そもそも、株は値下がりしなければ、損することはありません。自分が買った株の値が下がることで、損失の可能性が膨らんでいくのです。

流動性リスクについて

「流動性リスク」というのは、売買が極端に少ないために取引が成立しないことです。これは、売りたいときに売れない可能性があることを意味します。

当然のことですが、株は所有しているだけでは、現金ではありません。つまり、売ることができなければ、株は現金化されないということです。

注意すべき点は、取引高(取引量)が少ない銘柄などは、すぐに売れなかったり、希望した価格で売れなかったりすることが多いということです。取引高(取引量)は、出来高とも言います。

この出来高が少ないということは、自分が希望する価格で売り注文を出しても買い手がすぐには現れないということになります。どうしてもお金が必要になったときなどには困ります。

そんなときに無理に現金化しようとすると、希望価格よりもかなり低い価格で妥協することにもなりかねません。

倒産リスクについて

「倒産リスク」というのは、文字通り会社が倒産してなくなるリスクです。倒産してしまったら、所有する株は無価値なものになります。

どんな会社であっても絶対に倒産しないということはありません。特に近頃は、そんなことを実感する出来事が多いように思います。

スポンサードリンク

株式投資の現物取引はシンプル

以上述べた3つのリスクを頭に入れて、僕は、銘柄選びをしています。株式の現物取引はきわめてシンプルなので、僕には、取り組みやすいのです。

信用取引などをすれば、株価が下がる局面でも利益を手にすることができますから、今日話した3つのリスクは、現物取引について述べたものです。僕は頭の構造がシンプルなので、信用取引はもう一つよくわからないのですね。

よくわからないものには手を出さないということは、とても大切だと思います。ビットコインに手を出さないのも、そのためです。

コメントの入力は終了しました。