僕が株式投資が大好きな理由

僕は、大した利益も出していない、いわば、弱小個人投資家にすぎませんが、僕が株式投資をするには、それなりの理由があります。

まず、第一の理由は、株式投資そのものが大好きで、自分に合っていると、思うからです。

では、その大好きな理由は、と言うと、誰もが自由に参戦できる場で、誰もが自由に銘柄を選び、老若男女その他の差別も手加減も一切ないこと、が挙げられます。

勿論、IPOなどの優遇される、証券会社から見たら大事な特別な顧客という存在があることも知っています。

そうした例外を別にすれば、プロの機関投資家であろうが、昨日今日始めた初心者であろうが、市場という共通のグランドで、戦えるわけですよ。

つまりこれは、福沢諭吉の以下の言葉にも、つながるわけですね。

独立の気なき者は、必ず人に依頼する

人に依頼する者は 必ず人を恐れる

人を恐れる者は 必ず人にへつらう

たとえば、引きこもりであろうが、まあ、最初に多少のタネ銭は必要にはなりますが、株式投資で、生きていくことも可能になります。

良い例が、投資家BNF氏。

今では、どれほどの資産を持っているのか図り知れませんが、彼などは、就職もせず、生き抜いていますが、それは、株式市場という開かれた世界があったればこそ。

ということで、僕のような、高卒、スキルなし、の、やっとこさ、この世知辛い世の中を生き抜いてきた弱い人間には、匿名で参加できる株式投資の世界は、とても自由で楽しいものなのですよ。

まあ、自分のペースで釣り糸を垂れる、釣り人のような心境でしょうかねえ。

まあ、ぶっちゃけ、好きだからやっている、ということでいいんじゃね、と、ひろゆき流にまとめておきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする