暴落の序盤では、ボラの大きい相場となる

資産が10年くらい、日々ひたすら減り続けるのを、模様眺めできる人であれば、長期投資に向いているのかもしれません。

かもしれません、と、断定的に言い切れないのは、僕自身、まだ、投資歴十数年の人間だからです。

ライブドアショックの時には、まだ、株式投資はしていませんでした。

僕が、株式投資を始めたのは、リーマンショック前あたり。

上昇相場で参入してイキっていた投資家には、しばらくは、つらい状況が続くかもしれません。

含み益が消えて含み損に変わり、どこまで掘るかわからないくらい下まで掘り続ける状況の中では、なかなか冷静を保つのは難しいもの。

暴落の序盤では、ボラの大きい相場となるので、「退場者」と「買い場到来と騒ぐ人」がでるわけですが、僕のように余裕資金のない人間は、動くことすらできません。

でも、それが幸いして、達観しやすかったりします。

そこが、人生の、面白いところ。

また、今が暴落の序盤で、この先底なしの状況になるのか、あるいは、また、緩やかな回復に向かうのかは、誰も知らない、未知の領域。

まあ、考えてみれば、人生そのものが、未知数なんですよね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする