株式投資に必要なのはリスク管理と折れない心

株式投資のリスク管理は、人それぞれだとは思いますが、これを無視して投資をしていたら、それは、投資ではなくて、投機になりかねません。

僕自身、いくつかの塩漬け銘柄を今も所有していますが、漬け込んだまま上場廃止になるリスクもあると、思っています。

さて、配当金で生活しているブロガーさんが、これまで経験した大きな出来事を一覧にしているモノを見たので、紹介します。

2003年 ソニーショック 日経平均7607円、20年前の水準に戻る
2004年 4月の急落(日経1万2千台からの急落)
2005年 総選挙で自民党圧勝。郵政解散相場。
2006年 ライブドアショック
2007年 サブプライム・ショック
2008年 リーマンショック
2009年 民主党圧勝で政権交代、ドバイショック
2010年 欧州ソブリン危機(ギリシャ危機)
2011年 東日本大震災、福島原発事故ショック
2012年 日経8000円台に低迷、超円高、年末に第2次安倍政権成立
2013年 5月23日の急落、バーナンキ・ショック
2014年 年初の日経1万6千円台から1万4千円台まで半年かけて下落
2015年 第1次、第2次チャイナショック
2016年 第3次チャイナショック、日銀マイナス金利ショック、ブレグジット・ショック、トランプ当選
2017年 北朝鮮リスクによる円高と株価暴落、仮想通貨バブル
2018年 仮想通貨バブル崩壊、コインチェック事件、世界同時株安、ゴーン逮捕、クリスマス暴落
2019年 米中貿易戦争
2020年 コロナショック

うーん、なんか、こうして一覧にして箇条書きしてもらえると、その時系列がわかってありがたいですねえ。

今は、コロナショックで、まだ、先の見通しは立っていませんが、市場そのものが消滅することはないので、僕の現時点でのスタンスは、静観、です。

まあ、今はのんびり、休憩所の椅子にでも座り、牧歌的な風景を眺めている感じです。

そして力が貯まりだしたら、また歩き始めればいい、と、思っています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする