「買いは家まで、売りは命まで」、という状況にはなりません

 僕は現物買いしかしないので、俗に言う、「買いは家まで、売りは命まで」、という状況にはなりません。

 現物買いは、大きく儲けることもない代わりに、大きな損失もありません。

 僕などは、若い頃は別として、50を過ぎてからは、リスクを取ろうとは考えなくなりました。

月曜から夜更かしの、桐谷さんスタイルで、株主優待狙いも考えましたが、そちらにも、行き切れない状況です。

 結局、そこそこ株主優待ももらい、そこそこ配当もゲットするという、あまり特徴のない、おとなしい買い方です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする