損出しによる節税効果も時には考える

まあ、さほど多くもない金額を、

株式投資している僕でも、

所謂、損益通算をして、税金を抑えることはあります。

以下は、損だしについての記事からの抜粋。

損出しをすることで、どのくらい節税ができるのでしょうか?

例えば、今年確定した利益が100万円あるとします。多くの人が選択している特定口座・源泉徴収あり口座の場合、利益が確定した段階で、自動的に20万円(100万円×20%)の税金が徴収されます。

一方で、保有銘柄の中に60万円の含み損をかかえている銘柄があるとします。60万円の含み損をかかえている銘柄を一度すべて売却すると、今年確定した利益は100万円-60万円=40万円に減る計算になります。

税金はその年に確定した利益に対して発生するので、40×20%=8万円の支払いで済むことになり、差額の12万円(20万円-8万円)が自動的に口座に戻ってくるのです。

つまり、含み損の銘柄を一旦売却しただけで、本来20万円徴収されるはずだった税金が8万円で済むことになり、12万円もの節税になるというわけです。

損失を確定しただけで、税金が戻ってくるので誰でも簡単にできます♪

うーん、わかりやすい説明ですね。

僕は、上記よりも少ない利益と損失で、

損だしをしたことがあります。

おそらく、株式投資をしている人は、

多かれ少なかれ、損だしの経験はあるでしょうね。

そうでないと、長く続けられませんからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする