自分自身の勝ちパターン(再現性)を高めていく

もともと、投資できる金額が多くはないので、おっかなびっくり始めた株式投資ですが、

気がつけばいつしか10数年が経ちました。

当然、その間には、紆余曲折があるのですが、

いまだに退場せずに続いているのは、現物取引だから。

100万円以上の損失を計上したこともありましたが、

狼狽売りをすることなく、可能な範囲で難平や損切をし、

銘柄を替えたりもし、ほぼほぼ順調に推移していると言えるかと思います。

損する投資家は運良く一時的に儲けても、再現性がないため、

いつまでも勝ちパターンが見つからない。

そして結局、市場から退場してしまう、と言われています。

僕自身は、紆余曲折を経て、

今、自分自身の勝ちパターン(再現性)を、見つけ始めています。

ああ、このパターンに持ち込めば、

大きく負けることはないし、そこそこ勝てるな、

というものです。

何しろもう人生の晩年期、

大きく勝つよりも、負けずに居残り、

堅実な利益を上げていく作戦です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする