NISA口座の株が低迷中、今は辛抱のとき

特定口座の株はそこそこ利益を出しているものの、NISA口座の株の大半が値を下げていて、相場的には苦しい状況が続いています。

ここは人生と同じで、辛抱のときだと覚悟しています。

NISA口座の株は損益通算ができない

NISA口座の株は税制面での優遇がある半面、特定口座のそれと違い、損益通算ができません。マイナスの状態で売ったら、そのマイナスはまったくの損失となります。

特定口座であれば損益通算により、そのマイナスを軽減させることができます。ここが、NISA口座の株の痛いところ。

NISA口座の株の売り時は

NISA口座の株は、基本、マイナスが出ているときは売らない方針です。持ち続けて、細々と配当を得て、損失を埋めていく作戦です。時間が味方をします。

そして損失がなくなったあったりで売るか、さらなる上昇を待つか、ということになります。打診売りをしながら、様子をうかがう感じですね。

しかし、将来的には、損失が出ていてもNISA口座の株を売る局面が出てくるかもしれません。それはもう、自分が高齢になり、手仕舞いをするときです。もう株はやらないと決めれば、たとえ損失が出ていても売ってしまうでしょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする