注意すべき上場ゴールを目指した会社

「上場ゴールの会社」という言葉を聞いたことはありますか?「上場ゴールの会社」とは、端的に言うと、上場後のことはあまり考えていない、まさに上場することだけを目的にした会社のことを言います。

上場ゴールの目的は、ただ一つです。上場によって「保有株の価値を大きくして一攫千金を狙う」ことがその目的です。そのことにだけ、注力しているのです。

どういうことかと言うと、「上場前から株式を保有する経営陣たちがその資産価値を上場という手段で大きくし、その後持ち株を売り抜けることで絵に描いたように大金が転がり込む」というものです。

上場とIPO(新規株式公開)について

そもそも上場とは何でしょう。「上場」とは、「その会社が自社の株式を証券取引所で自由に売買できるようにすること」です。そして新たに上場することを、IPO(新規株式公開)と言います。

IPO(新規株式公開)の本来の目的は、資金調達です。つまり、市場で調達した資金を元にして、さらなる事業の発展を目指すための「手段」がIPO(新規株式公開)のはずなのです。

ところが、上場ゴールと言われる会社は、資金調達してその後の会社の発展に尽力しようという気が薄い、もしくはないのではないかと疑われるような会社です。そのような会社には、共通した特徴があります。

上場ゴールを目指す会社の特徴

上場ゴールを目指していた会社の特徴は、簡単に説明すると次の二つです。

一つは、「株価が初値後に急落する」ということが挙げられます。初値とは、「新規公開株が金融商品取引所(証券取引所)に新規上場して最初についた値段」のことです。上場ゴールを目指していた会社は、この初値が株価のピークで、その後は下落の一途をたどります。

もう一つの特徴としては、判で押したように「上場後に業績の下方修正」を行います。新規上場したあとの業績の下方修正が意味するものとは何でしょうか。それは、端的に言えば「黒字予想から一転して赤字予想へ転落する」ということです。

しかし冷静に考えてみれば、経営陣にはIPO時点で業績悪化はわかっていたはずです。それを隠して、IPO時の企業価値を釣り上げるだけ釣り上げておいて既存株主が売り抜けるという図式は、批難されても仕方がないでしょう。

整理すると、上場ゴールを目指していた会社の特徴は、「株価が初値後に急落する」ということと「黒字予想から一転して赤字予想へ転落する」の二点になります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする